車を保護するために

ブレーキランプは自動車の広報に取り付けられたライトであり、テールランプと同じく保安上重要な要素の一つとなっています。
ではこのランプの役割は何かというと、最も大きな物となるのが「ブレーキを使用していることを後続車に伝える」ということです。
ブレーキは自動車の安全を守る上で最も重要な部品と言っても過言ではありません。
ブレーキを踏むことで自動車のスピードを落とし、停止させることができます。
しかしいきなり減速を始めてしまうと、後続車がそれに気付かなかった場合に追突事故が引き起こされることになってしまいます。
そのためブレーキを踏んだ時には「減速しています」ということを後続車に伝える必要があり、その役目を担うのがこのランプなのです。
通常の自動車であれば左右の両サイドに一つずつ取り付けられていますが、これらは二つあって初めて保安上の役割を果たせるものです。
直進しているのであれば片方だけでも問題はありませんが、例えば左側のランプが切れている時に左折をすると、唯一点灯できる右側のランプが後続車に見えなくなってしまうことがあり得ます。
通常走行時であればある程度は問題ありませんが、高速道路などの高速走行時だと非常に大きな問題になるでしょう。
ブレーキを踏んでいるということを示すランプは自動車の保安上非常に重要なものです。
そのため自動車を使用していてランプが切れていることに気付いたのであれば、なるべく早い段階で新しいものに交換するようにしてください。ウェディング13

コメント

コメントを受け付けておりません。