車を保護するために

最近では、自家用車ではドアミラーばかりで、見ることがめっきりなくなりましたフェンダーミラーがタクシーで現在も採択されている理由について以下に記載します。
古くは、道路交通法によりほぼすべての車に設定が義務付けされていましたが、1983年に規制が廃止されたことにより、製造コスト高であることや世界的に見てもドアミラーが主流となっていたこと、ボディデザインの意匠性の向上など様々理由と要因により、使用されなくなりました。
もっともこの規制廃止は、この点が外国車両の輸入(外国からの日本への輸出)における足かせとなっていたこともあり、外国からの強い要望があったことも背景にあります。
ただ、ドアミラーと比較し、ミラーを視認する際に運転者の視線の動きに伴う頭を動かす範囲が少なく、容易に視認できること、疲労が少ないことが大きな違いとして挙げられます。
また、ドアミラーと異なりボディ前方に設定されていることから後方安全の確認範囲が広く、またボディサイズ:車幅の目安になるという点も挙げられます。また、空力特性的にもドアミラーより有利になるということでカーレース界でも採択されているケースもあります。
もっとも、運転者の疲労軽減という点の利点のアドバンテージにおいて現在も多く採択されています。ソファーとテーブル

コメント

コメントを受け付けておりません。