車を保護するために

自動車を購入してから後にタイヤやアルミホイールを変更される方もいます。ドレスアップの手法としても人気がありますが、ロープロファイル化した場合では純正タイヤと比較をして低扁平化していることになり、その結果としてタイヤの幅が広くなることが一般的です。低扁平タイヤについては見た目と走行性を向上させることができますが、ロープロファイル化によってハンドルが取られるような感覚に陥る場合が多く、この現象に関しては低扁平化に伴って路面とタイヤが密着する面積が増えたことによって、路面のワンダリングを発生させやすい環境になることがあります。自転車のように細いタイヤの場合では、悪路などでも比較的影響を受けにくい環境にありますが、自動車の場合でロープロファイル化を行っている場合では、路面状況によってはかなりのワンダリングが発生してしまうことになります。この場合では自動車自体の安全面については問題がないと判断することもでき、常に路面状況を確認した上で運転を慎重に行う方法でクリアすることができます。尚、方減りや空気圧の調整などが狂っている場合でもワンダリングの症状が出てしまう可能性もあり、タイヤ周りに関しては常に最適な状態に保つことができるように配慮することが必要です。小物01

コメント

コメントを受け付けておりません。