車を保護するために

自動車を運転する人なら、その存在を知らない人はいません。
まず、その意味は危険ということを知らせるのがハザードランプの役割になります。
高速道路などで、前方の自動車が点滅をさせていたら何かを知らせるサインとなり減速して走ることになります。
そのために、逆の使用の仕方をすると反対に危険を招くことになります。
よく運転者が間違う使用方法があります。
それが、後ろから緊急自動車が来たときは、路側に停車し、ウィンカーを点けます。
この時に、使用すると緊急時には何か危険があると思い減速して走るからです。
また、外国人が感心するのが、道路の合流で譲ってくれたときなどに感謝の意味で点滅をさせることがありますが、原則としてこれは大きな間違いになります。
危険を知らせるものを、点滅させると他の自動車に影響を与えることも考えられます。
そのために、このような時は、まず手を上げて割り込んでもいいですかと了解をとりその後もう一度お礼のために手を上げるのがマナーになります。
このように、間違いやすい使い方は逆効果になることもあります。
あくまで本来の、危険を知らせるために使用するのが運転者のルールです。
そのために、運転席の目立つ場所に他のスイッチと色分けして、目立つ赤い色で配置されているのです。ウェディング10

コメント

コメントを受け付けておりません。