車を保護するために

ボディーは様々な形で汚れを付けたり傷をついてしまうので、常にボディーを綺麗な状態に保つためには定期的な洗車とコーティング作業を行わなければなりません。ですが常に外の自動車を置いている場合せっかく洗車してもすぐに風が汚れを付着させてしまうので、そうした状態を防ぐためにもボディーカバーを用意して風や直射日光からボディーを守るようにすると良いといいますが、それと同時にボディーカバーをつける事によって逆に自動車のボディーが傷ついてしまうという話を聞きますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

 
ボディーカバーをつけることで傷が付いてしまっては自動車を守るという意味がなくなってしまいますが、実際にはボディーカバーをつけてもそんな事態にはならないといいます。ボディーカバーをつけたことで傷が付いた原因はボディーカバーを掛ける際ボディーの上に砂粒や金属片が残っていたことでボディーに傷がついてしまったのではといわれています。こうしたことを今後起こさないためにもボディーカバーを掛ける際は前もってしっかり洗車しておいて間に色々な傷の原因が入らないように細心の注意を払うようにすればボディーカバーを掛けることで傷が付くようなトラブルは避けることが出来るはずです。

onsen02_l

コメント

コメントを受け付けておりません。