車を保護するために

コマーシャルなどでは、いかにして保険料を抑えているかをアピールすることが多いですが、やはりいざというときは補償内容が充実しているかどうかで保険の真価が問われることになります。日々の保険料が安いと喜んでいたら、事故の時に役に立たなかったなんてことは避けたいですね。

自損事故、つまり自分が100%悪い場合や相手が存在しない事故での保険の適用は思いの外多いです。対人賠償保険とセットで付いている場合も多いです。

自賠責保険などの保証が受けられない場合に支払われることになります。自損事故の場合自賠責が適用されるかどうかは怪しいので、自損事故保険が充実しているところを選んでおきたいですね。

自損事故保険の一般的な限度額としては、死亡で1500万円。入院なら一日あたり6000円。通院なら4000円程となっています。保険会社によって保証限度額などは異なっているので、自分が契約している、またはこれから契約しようとしている会社の物を確認することが重要です。

人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険と適用されるタイミングが被っている部分が多く、最低限の保証という認識をされていることが多い保険ですが、だからこそ良い自損事故保険のところを選び、安心したカーライフを送りたいですね。ウェディング03

コメント

コメントを受け付けておりません。