車を保護するために

車のエンジンパワーが低下する原因は様々あります。エアクリーナーの汚れや詰まり、燃料系トラブル、センサー類トラブル、水温系上昇(オーバーヒートに繋がります)などです。その他、点火装置の不具合も原因として挙げられます。エンジンは、シリンダー内で圧縮された混合気を点火して爆発させます。この点火は電気のスパークプラグが請け負います。スパークプラグは、点火ランプ、配電器、点火コイル、点火スイッチ、始動電動機、蓄電池とつながっており、中心電極と接地電極のスキマに電気の火花が飛ぶようにになっています。このプラグの汚れ、過度の電極消耗などによって適正に火花が飛ばなくなることがあります。いわゆるエンジンのつきが悪いといった状態です。汚れには、カーボン付着、オイル付着、燃料付着といったものがあります。結果、エンジンの始動不良、加速不良を招きます。必要とされる対処法としてまずプラグ交換が挙げられますが、腕に覚えのあるユーザーならば自ら清掃するという手もあります。やり方は、硬いブラシ等でやさしく磨いたり、ペーパーなどで磨きます。最近では、高性能車においてプラグ無交換で10万㎞も可能などメンテナンスフリーを謳っている例もありますが、多少の加速性能の低下といった場合はやはり清掃や交換が必要になってきます。椅子と絵画と花

コメント

コメントを受け付けておりません。