車を保護するために

自損事故保険は、みずからガードレールや電柱に衝突して、運転者がケガをするといった自損事故のような場合に適用される自動車保険であり、保険契約をしている自動車の所有者や運転者、乗車中の人がケガや死亡といった被害をこうむった場合であって、自賠責保険などの保険金が支払われない場合について、所定の保険金が支払われるという内容になっています。事故によるケガの場合、基本的には入院や通院が何日間必要になったかという日数にもとづいて、所定の単価を掛け算した金額が保険金として支払われるのがふつうですが、実際にはそれでは済まない場合もありえます。たとえば、病院の医師による治療を受けて、ケガそのものは治癒したものの、身体に永続的な障害が残ってしまい、身体障害者手帳を取得するに至ったという場合です。そのようなケースのなかでも、重度の後遺障害を負って、他人による介護が必要であると認められるものについては、特別に介護費用保険金が支払われることになっています。重度の後遺障害というのは、保険約款にそれぞれ定めがありますが、たとえば事故で両目を失明してしまったり、両足を切断して歩行困難になってしまったというような場合が該当します。ウェディング06

コメント

コメントを受け付けておりません。