車を保護するために

}PgžxQかつては川越城の城下町として栄え、江戸との間は川越街道や新河岸川の舟運が結び、「小江戸」ともよばれていた川越市の界隈は、埼玉県内のなかでも、歴史と文化を感じることのできる、絶好のドライブスポットということができます。川越といえば、中心市街地の一角にある「蔵造りの町並み」が特に有名で、「時の鐘」のような名所もみられますが、この並びには「川越まつり会館」も開館しており、多くの観光客を受け入れています。川越まつり会館は、国の重要無形民俗文化財として指定されている川越まつりの歴史を、さまざまな展示物によって紹介している資料館です。会館内に入ると、祭りの準備のようすを染め抜きで紹介している長い路地がまずあらわれ、その奥には祭りの際の指揮所であり、氏子が集う場所でもある会所の実物大の模型があり、雰囲気が高まります。見どころはなんといってもその奥にある山車展示ホールです。ここには実際の川越まつりで道路を練り歩く山車2台がそのまま展示されており、定期的に入れ替えもされています。高さ8メートルという巨大山車はたいへんな迫力で、細かな彫刻なども間近に見ることができます。秋季には本物の川越まつりも行われ、川越氷川神社をはじめとする市内各所にこうした山車が登場します。

コメント

コメントを受け付けておりません。