車を保護するために

ガソリンといった燃料は燃費によって大きく変わってきます。
燃費は走り方によっても大きく変わってきますが、急のつく走行はやはり燃費を悪くしてしまいます。
急発進は燃料を多く消費してしまうので燃費は悪くなります。クルマはできるだけブレーキはかけずアクセルオフで走行するほうがいいのですが、この時駆動系やタイヤなどクルマが重いと感じたらいくつかチェックするところがあります。
駆動系ではミッションなどのオイルを交換しているか確認します。これはミッションオイルといいますが3万キロから5万キロごとに交換をするほうがいいです。
タイヤについては空気圧や減り具合を確認します。空気圧が減ってくると摩擦力が大きくなってしまうのでクルマが重たく感じてしまいます。空気圧はガソリンスタンドなのでチェックし補充することができるので適量入っているか確認をします。
またタイヤの溝が減ってきたりすると燃費に影響を及ぼすことにもなりますので、定期的にチェックをします。
燃費よく走行するには急発進は行わずに、また停止する場合もできるだけエンジンブレーキを使いながらゆっくりと停止するとよく、クルマの寿命を延ばすことにもつながり燃費もよくなります。椅子02

コメント

コメントを受け付けておりません。