車を保護するために

自損事故保険は、自分側に100%の過失があるか、あるいは、相手がいない事故を起こしたときに、運転者や同乗者などのケガや死亡に対して補償を行う保険のことです。
具体的には、不注意で電信柱に衝突した、ハンドル操作を誤ってガードレールにぶつかった、などといった事例が考えられます。
対人賠償保険に自動的についていることが多いです。
自損事故保険での補償限度額は、変更することは事実上できません。
人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険であれば、より手厚い補償を受けられます。
自損事故保険での死亡保険金の補償限度額は、一般的には、1,500万円です。
現実に、一人で車を運転していて給水塔に激突し、即死した事故があったときも、対人賠償保険の中の自損事故傷害特約が適用され、1,500万円の死亡保険金がおりてきたきました。
このように、自損事故傷害特約というのは、相手のいない単独事故や、運転者みずからの責任によって起こした事故で死亡したり、後遺障害を負った場合、その損害に関して保険金を支払ってくれるものなのです。
あってはならないことですが、万一の事態のために、任意保険は完備しておくことが重要です。
これは、ドライバーにとっての重大な責任です。ウェディング04

コメント

コメントを受け付けておりません。