車を保護するために

後遺障害保険金は、自動車交通事故に遭遇して後遺障害の状態になった者に対して、障害の程度に応じて支払われる保険金です。この保険金は、事故の発生日から一定の期間が経過するまでに生じた症状が、医師による診察や検査などから交通事故にあったことにより生じた後遺障害であると認められた場合に支払いの対象となります。後遺障害保険金を請求する場合は、請求書とともに医師の診断書を提出しなければなりません。後遺障害保険金の金額は、1級から14級まである後遺障害等級と呼ばれるものに応じて決まりますが、支払いの対象とする等級の範囲や金額の決定方法については損害保険会社ごとに異なるので、加入する際に確認が必要です。
自動車を運転中の交通事故は相手がいる事故だけではなく、ガードレールや電柱などに衝突したり、運転ミスにより崖などから転落するなど、いわゆる自損事故と呼ばれる事故も多く発生しています。日本では自動車を運転する場合には自動車賠償責任保険への加入が義務付けられていますが、この保険は人身事故の被害者を救済するのが目的であるため、自損事故のような自らの責任のもとで起きてしまった交通事故に対しては保険金の支払いが行われません。しかし、民間の損害保険会社で提供されている自動車保険に加入すれば、このような事故に対しても保険金の支払いが行われます。自損事故による後遺障害保険金については、補償内容が重複する部分が多い人身傷害保険をセットしなかった場合に自動的に付帯させることができる仕組みがとられている損害保険会社が多いです。ウェディング05

コメント

コメントを受け付けておりません。