車を保護するために

リアスポイラーは略してリアスポと呼ばれる、自動車の後方に取り付けられている羽のことです。ファミリーカーやRV車に付いていることはあまりなく、多くの場合、スポーツカー等に取り付けられています。リアスポがスポーツカーに取り付けられているのはビジュアル的な問題もありますが、走行上役立つからというのが理由です。というのも、スポーツカーは通常、高速で走行する自動車ですが、リアスポが付いていると、走行中はそこに風が当たって、後輪等のグリップが増すという特性があるからです。また、走行の安定性も増すというメリットもあり、特に、車体の後方に大きな影響を及ぼすので、これがFR等の後輪駆動車であれば、走行性能が向上します。しかし、リアスポが付いていると、それ自体が空気抵抗となるため、走行の安定性は高くなりますが、最高速度は若干下がることとなってしまいます。
しかしながら、リアスポの性能にこだわりがなくても、ただ付いているだけで格好良く見えるというのもあるので、特に走行性能を考えずに付けているという人もいます。それも一つの車の楽しみ方であるとも言えます。実際、リアスポが付いている方が、スポーツカー等は見栄えが良くなるものでもあります。ダイニング01

コメント

コメントを受け付けておりません。