車を保護するために

自動車は路面をタイヤが捉えて走行します。安定して走行するためにはタイヤの状況などが関係してきます。
一般的に言われることは空気圧です。タイヤには適正は空気圧があります。これはエアゲージなどで確認することができますが、タイヤのサイズなどによってその量は変わってきます。
また高速道路を走行する場合などは1割ほど多めに入れておくと良いといわれています。それは空気圧が低いと熱によってバーストしてしまう恐れもあるからです。
このように空気圧が適切であるがハンドルが取られる場合があります。その原因の一つとしてブレーキの片効きがあります。ブレーキパッドの摩耗状況や油圧系の不具合などブレーキの片効きが発生するとブレーキを踏んだ時にハンドルが取られてしまうことがあります。
またなぜかまっすぐ走らない場合の原因としてホイール・アラインメントがあります。ホイール・アラインメントとはサスペンションやステアリングには真っ直ぐ走行するために角度がつけられていますが、これがズレてしまうのです。
例えばキャスターやキャンバー、トウなどのサスペンションなどの角度が前後左右でズレてしまうのです。
タイヤを縁石に当てたり溝に落としたりするとこのような症状が出ることがあるのでアライメント調整を行いなおす必要があります。花瓶02

コメント

コメントを受け付けておりません。