車を保護するために

車を運転する時には、常に安全に気を付けて運転することが大切ですが、運転テクニックだけでなく、車の異変に対して敏感になることで、トラブルを防ぎやすくなるものです。
例えば、音に関する異変と言うものがあります。走行中にキンキンと言う金属音が鳴ったりすると、冷却不足の可能性があります。また、アクセルを踏んだ時にゴロゴロと重たい音が鳴った時にはオイル不足の疑いがあります。
このように、いつもと何か違う音がした時と言うのは、何らかの不具合が発生している恐れがありますので、周囲の安全を確認して車を停車させて、救援の依頼をすることが大切です。
また、音だけではなく、においから分かる異変と言うものもあります。例えば、ビニールの焦げるにおいがした場合には、配線の発火が考えられます。その他、ゴムの焼けるにおいがした場合には、タイヤのトラブルの可能性があります。タイヤが異常な熱さになっていないか確認をしたり、整備工場で点検をしてもらうことが大切です。
他にも、ガソリン臭や金属がこすれるようなにおいなど、色々なパターンがあります。とにかく、音でもにおいでも、いつもと何か違うと思った時には、軽く考えないで適切に対処することが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。