車を保護するために

リフレクターとは尾灯、反射板などによってその存在がわかるようにする目的で取り付けられるものです。
自動車やオートバイ、鉄道などにも取り付けられているますが、テールランプとも言われています。
自動車の尾灯はヘッドライトと連動していて、ライトをつけると尾灯が光るようになっています。夜間や悪天候など後車に自車の存在を知らせるために必要なものです。
またテールには反射板が取り付けられているのです。これは後車からのヘッドライトに照らされることにより光を反射します。これも赤色に反射ようになっており、夜間など停止していてもライトが照らされると反射してその存在を知らせるために必要なものなのです。
これは法令で定められている保安基準により後面の2か所に赤色の灯火をつけることとされています。2か所とは車の中心から対称の位置とする必要があります。オートバイは1灯となります。
尾灯は明るさも決められています。尾灯の電球が切れてしまった場合などは違法となるので定期的に確認するといいでしょう。
このように尾灯と反射板が自動車など後部に取り付けられていますが、それぞれ役割があるということです。自ら光って後車に知らせる、停止時など無灯火時でも反射板でその存在がわかるようにします。a0002_000036

コメント

コメントを受け付けておりません。