車を保護するために

強い風が吹いているのでもなく、ただ真っ直ぐな道を走っているだけでハンドルが左右どちらかにとられてしまう経験をしたことはないでしょうか。そんな時はまずタイヤの空気圧が左右均等になっているかどうかをチェックしてみてください。左のタイヤと右のタイヤの空気圧がそろっていないと空気圧の低い側が抵抗となって真っ直ぐに走ることが困難になります。空気圧は走っているうちに自然と減少していくために定期的なチェックが必要です。
タイヤの空気圧は問題ないのに真っ直ぐ走らない場合はブレーキトラブルが考えられます。ブレーキの片側だけ戻りが悪くなりタイヤとの間に引きずりを起こすブレーキの片効き状態になっている可能性があります。
また、ホイールアライメントの調整不足も考えられます。車の走行性を高めたりステアリングの操作性をよくするために、サスペンションの形状によってそれぞれのタイヤにはさまざまな方向に大小の角度がつけられています。サスペンション周りの変形や損傷、劣化などが原因でホイールアライメントに狂いが生じるとハンドルがとられることがあります。
事故を起こさないためにも真っ直ぐな道でハンドルがとられる現象が見られたらすぐに点検することが大切です。椅子と観葉植物

コメント

コメントを受け付けておりません。