車を保護するために

ハイブリッドカーのような燃費の良いクルマが人気ですが、ドライバーの運転の仕方一つで燃費は悪化もすれば、良くもなります。運転の仕方と燃料消費には大きな関係があるのです。燃費の良い運転の仕方と悪い運転の仕方とは真逆の関係にあります。

では、どのような運転をすると、燃費悪化につながってしまうのでしょうか。クルマのエンジンはガソリンを燃焼させて動きますが、パワーを必要とするような状況においては通常よりもガソリンを多く燃焼させてエンジンを動かします。したがって、アクセルを深く生みこむような状況を繰り返すと燃費は悪化します。特に、急発進が最も燃費を悪化させますので注意が必要です。そこで発進するときは、ゆっくり徐々にスピードを上げていくように心がけると燃費は良くなります。そして、ある程度スピードに乗ってくると、一定のエンジン回転数となり燃費は良くなります。

また、渋滞に巻き込まれたり、信号が多くてストップ&ゴーを繰り返さなければならないような都心部では、地方の田舎道を走るよりも大幅に燃費は悪化します。アクセルワーク以外でも、エアコンを常時つけっぱなしでいると、燃費は10%程度悪化しますので、必要のないときはエアコンのスイッチは切っておくことようにすると良いでしょう。ベッド

コメント

コメントを受け付けておりません。