車を保護するために

a0001_013026

ボディカバーは自動車の車体を保護するために存在しています。これを設置することで自動車をある程度守ることができるとされていますが、その設置の仕方に注意をしてくださいね。

 
ボディカバーは、しっかりと設置していないとダメです。仮にボディカバーがしっかりと設置していないと風などで飛ばされることがありますね。特に、風がボディカバー内に入り風船状態になると非常に良くありません。場合によっては風に飛ばされた物が入ってくることがあります。そうなってしまうと自動車を守るどころか傷つけることもありますので注意してください。そして、場合によってはボディカバーによって自動車が引きずられることもあります。まあ、そこまで強い風が出てくることはそうそう無いかもしれませんが、設置が悪くて風にヨット状態になっていると風によって引っ張られることになりますので注意してください。そうなると他の人に迷惑を出すことがありますので注意してくださいね。ちなみに、天候が悪い時に設置することがありますが、結構その時にカバーが破れることがありますので注意してください。だから、設置する時に破れていないかを確認するようにしましょう。そうしないとボディカバーをしている意味がありません。

コメント

コメントを受け付けておりません。