車を保護するために

006241「道の駅庄和」は、埼玉県の春日部市にあり、国道4号の春日部古河バイパスに面していますが、ごく近くに国道16号と交差する庄和インターチェンジがありますので、東西南北のいずれの方面からもアクセスがしやすいという位置関係となっています。このあたりは江戸川や利根川に近い平地であり、昔から水資源にめぐまれているということから、道の駅の周囲にはまだ田園風景が広がっています。この「道の駅庄和」の目印になっているのは、巨大な凧であり、実は地元では伝統の凧職人による大凧の生産がさかんで、毎年1月には「春日部新春凧あげ大会」が、毎年5月には「大凧あげ祭り」が開催されるなどして人気となっており、こうした行事は国の選択無形民俗文化財にもなっています。道の駅の内部にはフードコートがあり、地元の食材をつかったけんちん汁やうどんなどが味わえるほか、農産品の即売なども充実しています。この周辺には、地下の巨大神殿を思わせるような首都圏外郭放水路の地底探検ミュージアム、市の花でもある大株の藤棚がみごとな藤花園、豊かな桜並木がみられる中庄内排水路など、いくつかドライブにもおすすめのスポットがありますので、道の駅で最新の情報が得られます。

コメント

コメントを受け付けておりません。