車を保護するために

対人賠償保険とは、交通事故によって相手にけがを負わせてしまった場合や死亡させてしまった場合などに自賠責保険の補償額を超過した分を支払ってくれる保険のことです。任意保険の中でも一番大切な保険であるとも言われています。約85パーセントのドライバーが加入していると言われています。仮にこの保険に未加入のドライバーが事故を起こし、相手を死亡させてしまった場合には自賠責保険の限度額である3120万円までしか支払い能力がないとされてしまう可能性が高いです。自動車を運転するのであれば、無制限の対人賠償保険に加入することが勧められます。しかし、この保険に加入しているからと言ってどんな場合でも補償されるということではありません。補償の対象となるのは他人にけがを負わせたり死亡させた場合です。つまり、保険を申し込んだ本人やその配偶者、同居している親族や雇い主などは対象とならず、けがなどを負っても補償されないので注意が必要です。また、他人であればどんな場合であっても全額補償されるというわけでもありません。支払われる賠償金の額は過失割合によって大きく変動します。つまりこの対人賠償保険は自分の過失割合の分だけ相手に支払われるという制度であると言えます。ウェディング02

コメント

コメントを受け付けておりません。