車を保護するために

自動車は非常に便利な乗り物ですが、時には危険なものに変化してしまうことがあります。常に安全運転を行って、交通事故を起こさないように注意することが必要ですが、不注意によって単独事故を起こしてしまうこともあり得ます。単独事故の場合では、相手側の車両が無いことになり、歩行者を相手にしている事故が一般的です。一方で、もしも単独事故を起こしてしまって、運転者が死傷してしまった場合では、その補償について問われることがあります。自動車を運転しているということは、必然的に自賠責保険に加入をしているものですが、自賠責保険の場合では後遺症外を除くと最大で3千万円の保証に限定されています。そのため多くの方が任意加入の自動車保険に入っていることになりますが、死傷してしまった場合では相手側に対しては対人賠償保険を無制限に設定していることで、問題なく解決できますが、本人が死傷してしまった場合では人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入していることで保証されることになります。運転に自信を持っていない方や、万が一の不測に備えることを考えている方ならば、設定金額を高めにする方法で解決することができます。本人に対しては対人賠償保険は適用されないので注意が必要です。窓

コメント

コメントを受け付けておりません。