車を保護するために

}PgžxQ関越自動車道をドライブ中に花園ICで降りて国道140号線を秩父方面約34km、約50分進むと「秩父ミューズパーク」が見えてきます。「秩父ミューズパーク」では、公園の中を約3kmにわたって歩行者用道路が続き、その両側には458本のイチョウ並木が道に沿って並んでいます。このため、毎年10月中旬~11月上旬には、ゆっくりとウォーキングをしながら紅葉を楽しむことができます。またこのパークでは、四季折々色とりどりの花が咲いていて、秩父の花の名所としても人気があります。さらにこのパークでは、洋食を中心に多彩なメニューを展開するレストラン、100棟あるコテージ、レンタサイクル、本格的なレンタルカート、52面もあるテニスコート、ショートコースのゴルフ、夏季限定でオープンする巨大プール(冬季は閉まっています)などを利用することができます。この他にも、このパークには夜景を見渡せる展望ポイントがあり、特に「秩父ミューズパーク展望台」は船をイメージした個性的な形状となっていて、公園のシンボルになっています。またこの展望台からは昼間であれば秩父の市街地だけでなく武甲山のほうも望めることができます。一方、夜になると秩父ミューズパークと市街地の距離が近いことから、夜景を見る上では光量が十分に足りています。このため、見応えのある夜景を満喫できます。ただし、夜は駐車場からこの展望台まで暗い道を歩く必要があるので、懐中電灯を忘れずに持っていってください。

コメント

コメントを受け付けておりません。