車を保護するために

どの自動車にも必ず付いているウィンカーは方向指示器とも呼ばれます。これは車線変更や右折・左折をする場合にその方向のランプを点滅して、後続車に知らせる為に使用します。使用すると、車内のいんじけが点滅してカチカチと音がなるので、動作状態を運転してる本人がわかるようになっています。ウィンカーが故障していて動作が行われないとかウィンカーをつけ忘れてしまうと、後続車に追突されたりする危険があるので必ずきちんとランプが点滅しているか確認する必要があります。そして、このウィンカー部分の電球をカバーしているのがウィンカーレンズと呼ばれます。ウィンカー部分の発光色はオレンジだと定められているんですが、レンズ部分の色の規定はありません。なので、ウィンカーを点滅させた時にオレンジに発光すれば問題ないので、一般的には白い電球にオレンジのレンズを重ねているようですが、透明レンズやスモークレンズにオレンジの電球を使用することも可能です。ですが、オレンジの発光がはっきりと出ていないと違法改造となってしまうので気をつけましょう。本来のウィンカーとレンズの役割は、運転手自身や周りのドライバーが安全に走行出来るように付けられているものなので、装飾する場合にも安全面も考慮した上で行いましょう。ウェディング11

コメント

コメントを受け付けておりません。