車を保護するために

自動車任意保険に加入した場合、補償内容は対人や対物が中心になります。万一の人身事故を起こした場合、数千万の慰謝料や治療費が必要になります。また、建物にぶつかった場合でも、その修理代や営業損失補償などで、かなりの高額になることも少なくありません。そのため対人、対物は無制限に加入するのが常識になっています。

ところが、自分のクルマに対しては補償される、車両保険に加入していない人が少なくありません。その理由は保険代が高額になるからです。しかし、車両保険をかけておかないと、自損事故を起こした場合何の補償もありません。つまり、クルマの修理代を全額負担しなければならないということです。また、自損事故だけでなく、クルマとぶつかった場合でも、100%相手のクルマに非がない限り、修理代は過失の割合によって、一部しか負担してもらえません。万一相手が無保険車であった場合、全額自己負担ということもあり得ます。

このようなリスクを避けるためにも、自損事故保険である車両保険に加入しておくことがオススメです。ただ、車両保険はクルマが古くなるたびに、補償額が下がっていきます。仮に修理代が100万円かかったとしても、そのクルマの価値が50万円しかない場合は、それを基準に補償額が決まっていきますので、その点をよく理解しておく必要があります。小物03

コメント

コメントを受け付けておりません。