車を保護するために

車で事故を起こしてしまった場合には、通常であれば自賠責保険が適用されることがほとんどです。ただし、自賠責保険の適用範囲は、被害者がいたり加害者に責任がある場合など、いくつかの条件を満たしている必要があります。例えば、電柱にぶつかった場合やガードレールに突っ込んだ場合、加害者は誰もおらず自損事故となるので、保険は適用されません。また、搭乗者が運転中に発作などで死傷があった場合も車による事故とは関連が認められないので、適用外となります。そこで、自賠責保険が適用されない事故に対する保険として、自損事故保険があります。任意保険にあたる保険で、運転者の責任で何らかの自動車事故を起こした場合に、最低限の補償を行ってくれます。自損事故保険は、自動付帯となっていますが、人身傷害保険などの他の保険の補償と重複してしまう可能性があります。ですから、商品の中には人身傷害保険が適用される場合には、不担保となるものが多いようです。自賠責保険などが適用しない場合に補償をしてくれる保険なので、その点を注意しておきましょう。保険の中身としては、死亡した場合に1500万円が支払われ、後遺症の場合には50万円から2000万円が上限として設定されています。小物02

コメント

コメントを受け付けておりません。